芋焼酎『魔王』芋焼酎『三岳』芋焼酎『佐藤黒』芋焼酎『佐藤白』芋焼酎『村尾』芋焼酎『八幡』芋焼酎『伊佐美』芋焼酎『海』芋焼酎『森伊蔵』芋焼酎『赤兎馬』芋焼酎『月の中』芋焼酎『富乃宝山』芋焼酎『川越』芋焼酎『黒霧島』芋焼酎『超不阿羅王』芋焼酎『薩摩茶屋』芋焼酎『くじらのボトル』芋焼酎『農家の嫁』芋焼酎『蘭』 芋焼酎『紫』

もう、3万円も払って『森伊蔵』や『魔王』『十四代』を買わなくて結構です。なぜなら・・・。


本格芋焼酎で健康増進 

■芋焼酎を適度に飲むとアロマ成分で血行促進!
芋焼酎の血栓溶解度は、ワインの2倍で、血管のつまりを取って血をサラサラにし、血行を促す作用があると考えられています。

■芋焼酎を飲み血栓溶解度が高まれば、体全体の細胞が活性化!
芋焼酎を飲むことで、脳の活性化し、脳内の情報伝達物質の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」が活発になって、うつの症状が抑えられたり、老人性痴呆症やアルツハイマー症等の予防にも効果が期待されています。 実際、芋焼酎を毎日飲んでいる人は、「痴呆になりにくい」というデータや、二日酔いの原因となるアルコールやアルデヒドを分解するのが早くなり、二日酔いや悪酔いをしにくいようです。

■蒸留酒でありながら、果実感漂う本格芋焼酎
フランスのワイン関係者たちが、今いちばん驚異を感じているのが『日本の芋焼酎などの本格焼酎』だそうです。 西欧で食後酒として飲まれてきた蒸留酒が、ワインのように食中酒として通用する事が解ったからだとか。

かつて日本人は、ウイスキーを水割りにして、アルコール度を下げることで食中酒にしようとしましたが失敗! しかし、芋焼酎を代表とする本格焼酎は、ピュアなアルコールの中に、果実のような甘さがしっかりと残っています。 芋焼酎のまろやかさ、黒糖焼酎の濃密さ、麦焼酎の香ばしさ、米焼酎の清々しさ。
蒸留酒でありながら、本格焼酎の味わいは、実はワインに近く、味の深さでは、ワインを超えているという見方もあります。

芋焼酎の醸造に使われている麹は、「黒麹」「白麹」「黄麹」の3種類。 それぞれが芋焼酎に使われる芋のでんぷんを、個性的な糖に変えます。 「黒麹」は濃厚なコク、「白麹」は柔らかな口当たり、「黄麹」はさわやかなキレが芋焼酎に加わります。 蒸留時の圧力によって、沸点が80〜90℃の常圧蒸留で、ワインで言う「ボディのあるしっかりしたタイプ」に、 気圧を落とし蒸留する「減圧蒸留」では、「あっさりとして飲みやすいタイプ」の芋焼酎に。

以前の芋焼酎は、「臭すぎて」地元民以外には見向きもされませんでしたが、 ボルドーワインが世界中に積み出され味が洗練されたように、芋焼酎も都会に流通するようになり、地酒の枠を超え洗練されてきました。
食中酒としての味の奥深さだけでなく、健康に良い食中酒という意味でも、芋焼酎などの本格焼酎はワインに匹敵するお酒になりつつありますね。

芋焼酎で気分もリラックスし、体にも健康的ということで、『芋焼酎万々歳』!!!


芋焼酎の美味しい飲み方

芋焼酎の美味しい飲み方


芋焼酎の美味しい飲み方  

美味しく「芋焼酎」を飲むには
湯割り 湯割りは、まず先に湯を入れるのがポイントです。湯を先にいれることで焼酎と湯がよく馴染んで「まろやか」で一層飲みやすくなります。
焼酎と湯の割合は「6:4」が基本ですよ。(お好みに合わせてね)
好みに合わせて梅干しを入れて味わうのもいいですね。
寒い冬には鍋でもつつきながら旨い芋焼酎をお楽しみください。
水割り ウイスキーの水割りを作る要領で、水をグラスに入れ、後から焼酎を入れてください。
割合はお好みに合わせてでどうぞ!
美味しく飲むためはレモンの薄切りをのせるのもいいですね。
夏場には、見た目も涼しげで、旨い芋焼酎を飲むのにいいですね。
オンザロック 冷やした酒器に氷を入れて、その上から静かに焼酎を入れてください。ちょっと置いた後で、冷たいアイスに良く馴染んだ芋焼酎を飲むがグ〜ですね。
蒸し暑い暑い夏場に爽やかな清涼感を楽しめる芋焼酎の飲み方ですね。
割り水 芋焼酎と水を「5対5」程に割り、常温で3日〜1週間ぐらい寝かせてください。焼酎と水が良く混じり合って、まろやかな味に変わりますよ。(一晩ぐらい置くだけでも十分まろやかさがでます。)
そのままで飲んでもOK!出来上がった割り水を冷蔵庫で冷やしてもいいですね。また、燗をしても美味しい芋焼酎が飲めますよ。

もうちょっと凝った「芋焼酎」の飲み方は...
芋焼酎サワー
居酒屋での女性向けの定番商品の「チューハイ」。
芋焼酎は、コーラ、サイダー等のサワーに良くマッチしますよ。
「英国風」芋焼酎?
紅茶に芋焼酎を注ぐだけで英国王室御用達の飲み物に変身!?
身も心も芯から暖ったまる芋焼酎の飲み方です。
芋焼酎のビール割り
芋焼酎とビール半々で割ってください。
「ビール割り」は最高に贅沢な飲み方ですね。

芋焼酎ライム
芋焼酎はライムとは相性がよく、大きめの氷にロックを入れて焼酎ライムの出来上がり。
トニックや、ジンジャーエールで割ってもいいですね。
ウーロン茶・むぎ茶割り
烏龍茶やサッパリとした麦茶で割るのは、もうお馴染みの飲み方になりましたね。
牛乳割り芋焼酎
芋焼酎にたっぷりと牛乳をいれて飲んでね。
とても健康的で体にもいい!?(飲み過ぎはダメよ!)。
さんざしカクテル
姫りんごに似たかわいい果実「サンザシ」に芋焼酎を入れた「さんざし酒」。安眠、疲労回復、食欲増進で健康的!
ワインde芋焼酎
氷の入ったワイングラスに白ワイン芋焼酎を同じぐらい入れて軽くかき混ぜて飲めば、たちまちヨーロッパの雰囲気!

芋焼酎通の飲み方は...
湯でも水でも割らず何も加えずに、そのままグィーと芋焼酎を生で飲んでくださいね。
本格芋焼酎の芳醇な香り、旨みを楽しむならこれが一番ですね!
かなり「焼酎通」な玄人向きですね。今日も芋焼酎をグイッグイーで最高!!!
芋焼酎の本場、鹿児島では、焼酎通は「じょか」という焼酎専用の温める酒器で飲んでいます。 「黒じょか」に好みの割合で芋焼酎と水(ミネラルウォーター)を入れて一晩置き、飲む時に「黒じょか」をじっくり火にかけて温めて飲んでください。
時間を置くことで焼酎と水がよく馴染んで芋焼酎がまろやかな味わいになりますよ。

美味しい「芋焼酎」の飲み方−




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。