芋焼酎『魔王』芋焼酎『三岳』芋焼酎『佐藤黒』芋焼酎『佐藤白』芋焼酎『村尾』芋焼酎『八幡』芋焼酎『伊佐美』芋焼酎『海』芋焼酎『森伊蔵』芋焼酎『赤兎馬』芋焼酎『月の中』芋焼酎『富乃宝山』芋焼酎『川越』芋焼酎『黒霧島』芋焼酎『超不阿羅王』芋焼酎『薩摩茶屋』芋焼酎『くじらのボトル』芋焼酎『農家の嫁』芋焼酎『蘭』 芋焼酎『紫』

もう、3万円も払って『森伊蔵』や『魔王』『十四代』を買わなくて結構です。なぜなら・・・。


本格芋焼酎で健康増進 

■芋焼酎を適度に飲むとアロマ成分で血行促進!
芋焼酎の血栓溶解度は、ワインの2倍で、血管のつまりを取って血をサラサラにし、血行を促す作用があると考えられています。

■芋焼酎を飲み血栓溶解度が高まれば、体全体の細胞が活性化!
芋焼酎を飲むことで、脳の活性化し、脳内の情報伝達物質の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」が活発になって、うつの症状が抑えられたり、老人性痴呆症やアルツハイマー症等の予防にも効果が期待されています。 実際、芋焼酎を毎日飲んでいる人は、「痴呆になりにくい」というデータや、二日酔いの原因となるアルコールやアルデヒドを分解するのが早くなり、二日酔いや悪酔いをしにくいようです。

■蒸留酒でありながら、果実感漂う本格芋焼酎
フランスのワイン関係者たちが、今いちばん驚異を感じているのが『日本の芋焼酎などの本格焼酎』だそうです。 西欧で食後酒として飲まれてきた蒸留酒が、ワインのように食中酒として通用する事が解ったからだとか。

かつて日本人は、ウイスキーを水割りにして、アルコール度を下げることで食中酒にしようとしましたが失敗! しかし、芋焼酎を代表とする本格焼酎は、ピュアなアルコールの中に、果実のような甘さがしっかりと残っています。 芋焼酎のまろやかさ、黒糖焼酎の濃密さ、麦焼酎の香ばしさ、米焼酎の清々しさ。
蒸留酒でありながら、本格焼酎の味わいは、実はワインに近く、味の深さでは、ワインを超えているという見方もあります。

芋焼酎の醸造に使われている麹は、「黒麹」「白麹」「黄麹」の3種類。 それぞれが芋焼酎に使われる芋のでんぷんを、個性的な糖に変えます。 「黒麹」は濃厚なコク、「白麹」は柔らかな口当たり、「黄麹」はさわやかなキレが芋焼酎に加わります。 蒸留時の圧力によって、沸点が80〜90℃の常圧蒸留で、ワインで言う「ボディのあるしっかりしたタイプ」に、 気圧を落とし蒸留する「減圧蒸留」では、「あっさりとして飲みやすいタイプ」の芋焼酎に。

以前の芋焼酎は、「臭すぎて」地元民以外には見向きもされませんでしたが、 ボルドーワインが世界中に積み出され味が洗練されたように、芋焼酎も都会に流通するようになり、地酒の枠を超え洗練されてきました。
食中酒としての味の奥深さだけでなく、健康に良い食中酒という意味でも、芋焼酎などの本格焼酎はワインに匹敵するお酒になりつつありますね。

芋焼酎で気分もリラックスし、体にも健康的ということで、『芋焼酎万々歳』!!!


芋焼酎の銘柄 【ろ】

日本最高級の芋を使った芋焼酎『六地蔵の夜仕事(ろくじぞうのよしごと)』

別格の原酒の味わいをお楽しみいただける芋焼酎『六地蔵の夜仕事(ろくじぞうのよしごと)』。

良質の黄金千貫の栽培で知られる、六地蔵園芸は、地元でも最高級の評価を受ける、知る人ぞ知る園芸。 その中でも黄金千貫栽培の達人・福元氏の黄金千貫は、その苗を欲しがる人が後を立たないほどの素晴らしい品質のもの。

人のいい福元氏は惜しむことなく自分の苗を分けてあげるそうです。その福元氏の栽培した芋のみを使用して造られた芋焼酎『六地蔵の夜仕事』。

世間一般には、芋臭い芋焼酎が多いですが、醸造家の話では痛んだ芋や腐りかけの芋を使うと芋臭くなり、良い芋だけを選別して使えば、『六地蔵の夜仕事』のように、まろやかで臭みの無いスッキリとした飲み口の芋焼酎が出来るそうです。 『六地蔵の夜仕事』を飲んでいただけば分かるとおり、原酒でありながら飲みやすくまろやかな口当たりが出るのです。

原酒とは思えぬ別格の飲み口の良さは、日本最高級の黄金千貫ランクの1つとして数えられる福元氏の一級品の黄金千貫の賜物。 極秘流通芋焼酎として、年間1000本のみしか造れない希少品です。

蔵元:鹿児島県 本坊酒造



あの六地蔵園芸の、芋栽培の達人「福元氏」の究極自家栽培芋を使用した、日本最高級の絶品芋焼...
¥3,129
進之助の日本焼酎紀行



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。